Inerk's story 84 "GRAW2 Codename Farallon"

【前回までのあらすじ】
1基の核弾頭を無力化し、アンティベロスもハボック戦闘ヘリと共に倒したGhostチームだったが、最後の核弾頭は発見できなかった。
そんな時、反乱軍に参加していた傭兵集団がテキサスのダムを占拠したとの情報が入る。
我々Ghostチームは傭兵集団が最後の核弾頭を保有すると判断。
ダムの奪還と核弾頭の無力化、傭兵集団の排除の為にダムへ向かう。




私はスコット・ミッチェル。
米陸軍第7特殊作戦群、『Ghost』のチームリーダーだ。
今は陸軍病院でメキシコでの作戦で受けた負傷の治療を受けている。
私を含め、多くの負傷したチームメンバー達を抱えたGhostチームは本格的な再編が必要だろう。

先般の作戦で救出した女性ジャーナリストの情報で、反乱軍のリーダーアンティバレラと2基のロシア製核弾頭を確保すべく、我々とブラヴォーチームの二つのGhostチームはウォレス街の反乱軍の拠点を強襲した。

1基の核弾頭を確保して解除したものの、反乱軍のリーダーアンティバレラはハボック戦闘ヘリで逃走しようとした。
だが我々に一矢報いたいという奴のプライドが仇となり、アンティバレラのハボック戦闘ヘリは私のZEUS誘導ミサイルで爆散した。

拠点周辺の反乱軍を征圧した後、我々GhostはBlackHawkでメキシコを後にした。

だが悪夢はまだ終わっていなかったのだ...
ヒメネス大佐らロイヤリスト達が捜索したアンティバレラのハボック戦闘ヘリの残骸からは、アンティバレラの死体は発見されたものの、もう1基の核弾頭は発見できなかった。

時を同じくして軍の情報部から、テキサスのカバロ・ブッテダムが所属不明の傭兵部隊により占拠されたとの情報が届く。
情報部はこの傭兵部隊がアンティバレラのメキシコ反乱軍を陰で操っていたと判断。
最後の核弾頭は彼らの手中にあると判断された。

カバロ・ブッテダムが核弾頭で破壊されれば、数百万の米国民が洪水の被害に見舞われ、そして汚染された水源は計り知れない長期に渡って下流の水域を放射能で居住不可能にするだろう。

米国に戻った我々Ghostチームに核弾頭の無力化とダムの奪還、そして傭兵部隊の排除が命じられた。
これまでのメキシコでの市街戦と異なり、山岳部そしてダム周辺での戦闘はおのずと中-遠距離射撃戦が想定される。

私はACOGスコープ付きのSCAR-LとやはりACOGスコープ付きのSIG552を携行する事にした。
通常なら副武装にはMP5SD6を選ぶ所だが、傭兵部隊が装備するボディアーマーは我々と同等の防弾機能を持つ可能性が高い。
MP5の9mm弾よりはSIG552の5.56mmの方が今回は頼りになりそうだ。

我々は傭兵部隊のレーダー探知を回避する為、山間を縫うようにしてLittleBirdでカバロ・ブッテダムに到着した。
ダムからはまだ相当に距離があるにも拘らず、ピックアップトラックと傭兵のパトロールを視認する。

連中は間違いなく正規軍なら特殊部隊に匹敵する手練れに違いない。
だが我々は戦場の幽霊。
彼らが相手だとしても負けはしない。

--------------------------------------------------------
ここでページ右上のMediaPlayerにてGRAW2のPlay動画をご覧ください。
--------------------------------------------------------


作戦は予想と大きく異なった展開になった。

私はACOGスコープ付きSCAR-Lの屋外狙撃と、SIG552による屋内のCQBでダム施設内外の傭兵達を一人ずつ確実にチームメイトの援護を受けつつ排除して行った。

だがその任務の途中で驚くべき事実が情報部からもたらされた。
このカブロ・ブッテダムは本来のダムとしての機能とは別に、米国の軍事ネットワーク情報の保管庫としての最新IT施設でもあったのだ。

傭兵達の真の目的はダムの破壊ではなく、米軍の軍事ネットワークへのハッキングで、対ミサイル防衛システムをダウンさせる事にあった。
我々がIT施設棟に到着した時には既に米国の対ミサイル防衛システムはシステムダウンさせられていた。
これ以上の傭兵集団によるハッキングを恐れた米軍情報部は、我々のチームにEMP爆弾(電子破壊爆弾)によるIT施設の破壊を指示して来た。

我々は波のように押し寄せる傭兵達を倒しながら、EMP爆弾を起爆。
IT施設と共に傭兵のハッキングシステムをダウンさせた。
撤収する傭兵集団を支援するために2機のハボック戦闘ヘリが我々を襲撃したが、ZEUS誘導ミサイルでチームに被害を出す事無く撃墜する事が出来た。

だがつかの間の安堵も我々には許されなかった。
最後の核弾頭の所在が軍情報部からもたらされたのだ。

米国とメキシコとの国境近く、ウォレス市街から近いエルパソに核ミサイルの発射施設が確認された。
周辺には傭兵集団とメキシコ反乱軍残党が集結。

我々のGhostチームに、ミサイル発射サイロを無力化する最後の任務が指示された。
我々は決死の覚悟でBlackHawkに再び搭乗。一路エルパソへ向かった。

 Movie   GRAW2 Codename Farallon

 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメット


 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメットその2


 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメットその3


 Photo

  ACU迷彩化したGhostチームの戦闘スーツ


 Photo

  GhostチームのFutureWarrior装備


 Photo

  ミッチェル大尉のAimpoint付きSCAR-L


 Photo

  ミッチェル大尉のAimpoint付きSCAR-Lその2



 Photo

  ミッチェル大尉のACOG付きSCAR-L


 Photo

  ミッチェル大尉のGlock18


 Photo

  ミッチェル大尉のBeretta RX-4


 Photo

  GhostチームメンバーのHK416


 Photo

  GhostチームメンバーのXM8


 Photo

  GhostチームメンバーのXM8その2


 Photo

  GhostチームのAimpoint付きSCAR-H


 Photo

  GhostチームのAimpoint付きSCAR-H


 Photo

  GhostチームのACOG付きSCAR-H


 Photo  GhostチームメンバーのSPR/A

 Photo GhostチームのMR-Cライフル風FS2000

 Photo GhostチームMk46 PARA (Grip・CarryHandle)

 Photo  Ghostチーム Mk46 PARA その2

 Photo GhostチームのBarrettM99

 Photo GhostチームのBarrettM99その2


 Photo GhostチームのM14

 Photo GhostチームのMP5SD6

 Photo GhostチームのMP5A4

 Photo GhostチームのACOG付きSIG552

 Photo GhostチームのM14EBR(X-BOXVer)

 Photo GhostチームのBeretta CX-4(X-BOXVer)

 Photo  GhostチームメンバーのM92FS

 Photo  GhostチームメンバーのMk23


 Photo  GhostチームメンバーのMk45

 Photo  Ghost支援機 MH-60 PaveHawk

 Photo  Ghost支援機 MH-60 PaveHawkその2


 Photo  米陸軍BlackHawk

 Photo  航空支援のAH-64D Apatch

 Photo  航空支援のAH-64D Apatchその2

 Photo   Ghost輸送用のLittleBirdヘリMH-6

 Photo   Ghost輸送用のLittleBirdヘリMH-6

 Photo  味方のM1A1エイブラムス戦車

 Photo  味方のM1A1エイブラムス戦車

 Photo  メキシコ反乱軍のM1A1エイブラムス戦車

 Photo  メキシコ反乱軍のM1A1エイブラムス戦車

 Photo  USAF F-15E StrikeEagle戦闘爆撃機

 Photo  USAF F-15E StrikeEagle戦闘爆撃機

 Photo  メキシコ反乱軍のMi-28ハボック戦闘ヘリ

 Photo  メキシコ反乱軍のMi-28ハボック戦闘ヘリ

 Photo   メキシコ反乱軍のG36K(GRAW2Ver)

 Photo

  メキシコ反乱軍のMG36



 Photo

  メキシコ反乱軍兵士


 Photo

  メキシコ反乱軍のVBL装甲車