Inerk's story 72 "Votoms Perfect Soldier"

【前回までのあらすじ】
定期的にヂヂリウムの照射を受けねば生きていけない造られたPSのフィアナはもはや動く事もままならない....
まだ完全に傷が癒えない俺だったが、秘密結社の宇宙戦艦が現れ、もう一人のパーフェクトソルジャー、イプシロンが俺に挑戦してきた。
この闘いを仕組んだのはメルキアの情報将校、今はバララントに鞍替えしたロッチナだった。
今、遂に俺とイプシロンの最後の戦いが始まる。




俺はロッチナが指定したイプシロンとの対決場所に向かった。

俺の接近と共に爆散する揚陸艇。
その爆炎の中から青いATが激しい銃撃と共に飛び出してくる。
秘密結社のイプシロン専用AT、ストライクドッグだ。

俺はパーフェクトソルジャーの奴に対抗する為にプログラミングしたミッションディスクをScopeDogのコンソールに挿入する。
このプログラムならば奴と互角に戦えるはずだ。

--------------------------------------------------------
ここでページ右上のMediaPlayerにてVotomsのPlay動画をご覧ください。
--------------------------------------------------------


俺とイプシロンの対決は俺の勝利に終わった。

だが...それは俺自身もパーフェクトソルジャーであるという恐ろしい事実をも俺に突きつけた。
対PS用に用意したミッションディスクは負荷に耐え切れず焼き切れていた。
奴を倒したのは俺の本能に他ならなかった。

ロッチナは俺に告げる。「真実を知りたければ惑星クエントに向かえ」と。

俺はギルガメスとバララント星系の銀河系を支配する神、ワイズマンの存在を知らされる。
そしてワイズマンの意志は俺をクエントに呼び寄せていると言う。

俺はフィアナ、ゴウト、バニラ、ココナらの制止を振り切って、運命に操られるように惑星クエントに向かう...

 Movie   Votoms Perfect Soldier

 Photo

  ScopeDog with Heavy Machingun


 Photo

  イプシロンとの最後の対決


 Photo

  いかなる戦闘も生き残る異能者キリコ


 Photo

  いかなる戦闘も生き残る異能者キリコ


 Photo

  Votoms妄想Shoot用Prop HeavyMachingun