Inerk's story 31 "Ghost Recon Advanced Warfighter : VIP2 is down"

【前回までのあらすじ】
メキシコ反乱軍が至る所に展開する中、ミッチェル大尉のGhostチームは大統領の破壊されたリムジンを発見。
その後、VIP1とVIP2が別々のストライカー装甲車に分乗して近くの駐車場に避難している事が判明。
Ghostチームは駐車場の出口を封鎖している反乱軍を戦車もろとも掃討した。
米国大統領 VIP1は空港へ脱出。メキシコ大統領 VIP2は自国を離れる事を拒んだ為、装甲車にてメキシコの米国大使館に移動する。
Ghostチームに、VIP2が大使館へ移動するまでのルートの安全確保と 大使館の警護任務が与えられた。




私はスコット・ミッチェル。
米陸軍第7特殊作戦群、『Ghost』のチームリーダーだ。
我々Ghostは戦場の幽霊。
不正規任務を含むBlackOperation専任の部隊だ。

米軍の最高機密、ガードレール\をニカラグアゲリラから回収する任務のはずが、メキシコで発生した軍事クーデターからバレンタイン米国大統領とルイス・ペンヤメキシコ大統領を救い出す作戦に急遽変更を余儀なくされた。

我々Ghostチームと護衛の米海兵隊は反乱軍に包囲された立体駐車場を制圧し、両大統領が搭乗するStryker装甲車を空港のルートへ脱出させる事に成功した。

だがここに問題が発生した。
ルイス・ペンヤメキシコ大統領は自国を離れることを拒否。
あくまでもメキシコ国内に留まり、反乱軍に加担しないロイヤリスト達にクーデーターの不当性を訴える事で現政権の維持を図る決意を見せた。

だがすでにメキシコ政府関係の建物の大半は反乱軍の手に落ち、残る建物もルイス・ペンヤ大統領の現政権の拠点とするには脆弱すぎる。

そこで米国政府は、メキシコシティに置かれた米国大使館をルイス・ペンヤ大統領に提供する事にした。
大使館ならば護衛の米海兵隊員も多数常駐し、反乱軍もそう簡単に手は出せない。
よしんば攻撃してきたとすれば、大使館領地は米国国内。
我々米軍は何ら制約無く全力で反撃する事が出来る。

問題はルイス・ペンヤ大統領を乗せたStryker装甲車が米国大使館に向かうルートには、複数の反乱軍のADAT対空ミサイル車両がどこかに隠され、護衛の反乱軍兵士が多数配置されている点だ。

ADAT対空ミサイル車両を排除しなければ、万一反乱軍がM1A1エイブラムス戦車を持ち込んだ際にAH-64DアパッチヘリでStryker装甲車を守る事が出来ない。

キーリング将軍の命令は明確だった。
ルイス・ペンヤ大統領を乗せたStryker装甲車が米国大使館に向かうルート上に先行し、全ての反乱軍勢力を排除して擬装されたADAT対空ミサイル車両を発見し撃破する事。

私は今回もAimpoint付きのSCAR-L、カークランドはM-8、ブラウンはMk46、アレンはM99と各自が最も実力を発揮できる装備を選び降下に備える。

反乱軍の派手な歓迎に両舷のミニガンで応戦しつつ、バドはMH-60Gから我々をFastロープ降下させた。

--------------------------------------------------------
ここでページ右上のMediaPlayerにてGRAWのPlay動画をご覧ください。
--------------------------------------------------------


戦いは降下直後から激戦になった。
続々と現れる反乱軍の装甲車と兵員輸送車。
だが我々は彼らを殲滅し、伏兵を警戒しつつ米国大使館へのルートを前進した。

バドからの情報にあった2台のADAT対空ミサイル車両を発見した我々は、F-15E戦闘爆撃機に位置を連絡。
目標の位置が正確に判っているからこそ可能な低空からの高速侵入でF-15EはADAT対空ミサイル車両を粉砕し一気に離脱した。

周辺の反乱軍の生き残りを掃討する中、ルイス・ペンヤ大統領を乗せたStryker装甲車は米国大使館に到達。
大使館のエイプリル大尉と米海兵隊による大使館守備隊の保護下に入った。

我々Ghostチームも合流すべく移動。
大使館前の広場に設けられたエンジェルプラザまで進んだ所で信じられない事態が起きた。
我々の目前で米国大使館が内部からの大爆発に見舞われたのだ。

建物は半壊。
エイプリル大尉は死亡し、ルイス・ペンヤ大統領も負傷した。
米海兵隊の大使館守備隊も大半の戦力を失った。

反乱軍はルイス・ペンヤ大統領が米国大使館に保護を求める可能性を想定し、爆破テロも計画していたのだ。

キーリング将軍は直ちにMEDEVAC救急ヘリの出動を要請。ルイス・ペンヤ大統領の治療と搬送を指示した。
我々Ghostチームは半壊した大使館を米海兵隊の生き残りと共にMEDEVAC救急ヘリの到着まで護らねばならない。

3台のM1A1エイブラムス戦車と2台のVBL装甲車、そして多数の反乱軍兵士が押し寄せる中、我々はAH-64Dアパッチ戦闘ヘリの支援を受けて大使館を護り切った。
搬送されたルイス・ペンヤ大統領は幸い軽症らしい。

廃墟と化した米国大使館の敷地にしずしずとバドのMH-60Gが我々の収容に降下する。
そう...次の任務の為に。
我々Ghostチームに休息の時は当分は無さそうだ。

 Movie   GRAW : VIP2 is down

 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメット


 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメットその2


 Photo

  GhostチームのFutureWarriorヘルメットその3


 Photo

  ACU迷彩化したGhostチームの戦闘スーツ


 Photo

  GhostチームのFutureWarrior装備


 Photo

  ミッチェル大尉のAimpoint付きSCAR-L


 Photo

  ミッチェル大尉のAimpoint付きSCAR-Lその2



 Photo

  ミッチェル大尉のACOG付きSCAR-L


 Photo

  ミッチェル大尉のGlock18


 Photo

  GhostチームメンバーのXM8


 Photo

  GhostチームメンバーのXM8その2



 Photo

  GhostチームのAimpoint付きSCAR-H


 Photo

  GhostチームのACOG付きSCAR-H


 Photo  GhostチームメンバーのSPR/A

 Photo GhostチームのMR-Cライフル風FS2000

 Photo GhostチームMk46 PARA (Grip・CarryHandle)

 Photo  Ghostチーム Mk46 PARA その2

 Photo GhostチームのBarrettM99

 Photo GhostチームのBarrettM99その2

 Photo  GhostチームメンバーのM92FS

 Photo  Ghost支援機 MH-60 PaveHawk

 Photo  Ghost支援機 MH-60 PaveHawkその2


 Photo  米陸軍BlackHawk

 Photo  航空支援のAH-64D Apatch

 Photo  航空支援のAH-64D Apatchその2

 Photo  航空支援のF-15E StrikeEagle戦闘爆撃機

 Photo  航空支援のF-15E StrikeEagle戦闘爆撃機

 Photo  メキシコ反乱軍のM1A1エイブラムス戦車

 Photo  メキシコ反乱軍のM1A1エイブラムス戦車

 Photo   メキシコ反乱軍のG36K

 Photo

  メキシコ反乱軍のMG36



 Photo

  メキシコ反乱軍兵士


 Photo

  メキシコ反乱軍のVBL装甲車