Inerk's story 26 "Rainbow-Six Vegas : Vertigo Tower"

【前回までのあらすじ】
ローガン達はチャイナカジノで人質になっていたTVレポーターを救出した。
彼女からテロリスト達がTV局の中継車を通信の為に利用している事実を知らされた。
彼らは中継車の破壊に成功するがその際、兵器研究の権威、Dr.ウイリアムズが捕らえられており、新兵器マイクロポスト爆弾がテロリストの手にある情報を得る。
ローガン達はヘリでDr.ウイリアムの救出と爆弾の解除の為、バーディゴタワーへ向かう。




バーディゴタワーには地上からSWATが何度か突入を試みたが、いずれも悲惨な結果となった。
タワーに登るエレベーターと階段は圧倒的に防御側に有利になる。

我々はヘリでバーディゴタワーの頂上に降り、逆に上からの制圧作戦を取ることにした。
バーディゴタワーに接近する我々のヘリコプターへRPGとSniperの狙撃が集中する。
ブロディの巧みな回避機動でヘリはタワーの裏側に回りこみ、我々は無事ラペリング降下した。

ここからは我々Rainbowチーム得意のCQBの見せ所だ。

-----------------------------------------------------------
ここでページ右上のMediaPlayerにてRainbow-SixのPlay動画をご覧ください。
-----------------------------------------------------------


我々はバーディゴタワーの上層部を確保していたテロリストを殲滅。
TV局のヘリコプターの中継中に処刑されようとしていたウイリアムズ博士を間一髪のタイミングで救出した。
だが我々は遅すぎた。
このバーディゴタワーにはカウントダウン状態のマイクロポスト爆弾がすでに仕掛けられ、彼方の別のビルは通常型爆弾で我々の目前で爆発した。

このタワーに仕掛けられたマイクロポスト爆弾が爆発すれば、人的被害は今の通常型爆弾の比ではない。
何としてもマイクロポスト爆弾を無力化しなければならない。
ようやく突入に成功したSWATチームにウイリアムズ博士を預け、我々はマイクロポスト爆弾が仕掛けられたラウンジに向かった。

ラウンジを護っていたテロリストは必死に抵抗したが、我々は何とか連中を排除した。
おそらく彼ら自身も味方の爆発で殺されるとは知らなかっただろう。
マイケルはカウントダウンを続けるマイクロポスト爆弾の無力化に成功。
我々は連中の最大の殺戮計画の阻止に成功した。

屋上に降りたブロディのヘリに乗り込む我々Rainbowチーム。
だがその安堵もつかの間。オペレーターのジョアンが信じられないような事実を告げる。

アイリーナ・モラレスから俺への挑戦の通信。
メキシコで人質になったRainbowのメンバー、カンとゲイブリエルを人質に、カジノダンテで決着を付けようと言うのだ。
俺は躊躇することなくダンテカジノへ向かうようにPilotのブロディに命令していた。

 Movie   Rainbow in Vegas : Vertigo Tower

 Photo

  Rainbowのローガンチーム用ヘリコプター


 Photo Rainbow-SixVegas風装備

 Photo ACOG装備 Sig552RAS

 Photo ACOG装備 Sig552RAS

 Photo オープンドットサイト装備 Sig552RAS

 Photo オープンドットサイト装備 Sig552RAS

 Photo

  ローガンのSOCOM Mk23 サイレンサー仕様


 Photo

  ローガンの Mk23 LEM&サイレンサー仕様


 Photo

  SIG552の射撃で撃ち倒されるテロリスト


 Photo

 MP7A1サブマシンガン


 Photo

 MP7A1サブマシンガン その2


 Photo

 MP5A6サブマシンガン


 Photo

 MP5A6サブマシンガン その2


 Photo

  ゲイブリエルのSCAR-H CQC


 Photo

  ジュンのG36C


 Photo  マイケルのMk46 MOD0

 Photo  マイケルのMk46 MOD0 その2

 Photo  RainbowのXM-8

 Photo  RainbowのXM-8

 Photo

  テロリストのFAMAS


 Photo

  テロリストのG3A3


 Photo

  テロリストのP90


 Photo

  テロリストのPSG-1


 Photo

  テロリストのMG36


 Photo

  テロリストのベネリM3