Inerk's story 14 "Delta in Somalia 1993"

【前回までのあらすじ】
日系米国人のイナークは米国陸軍レンジャー、デルタ部隊勤務を経て、NATOの特殊作戦部隊Rainbowに従事していた。
しかしテロリスト達との殺伐した闘い、殺し合いの日々に疲れた彼はRainbow部隊を退役。
SP勤務時に経験した超小型核爆弾の幻覚に悩まされながらも、市警のS.W.A.T.のエレメントリーダーとして勤務していた。
隣接した州の暴動の応援に駆り出されたイナークは宝石加工店を占拠した完全武装のテロリストとの死闘を繰り広げ、任務を達成するが負傷により意識を失ってしまう。
失った意識の中で、イナークは旧友であり戦友のEagle-Oneの活躍を見たり、宇宙暦を最新MSで駆ける幻想を見た。




俺の名はイナーク。市警のSWATでチームリーダーを務めている。
テロリストとの戦闘で負傷し、EMTで応急処置を受けた。

残った麻酔のせいか例の核爆発の妄想やイーグルワンへの憑依、果てはGMカスタムへ転生する幻覚など、俺の意識は混沌としていたが、EMTチームのサポートもあり意識は取り戻した。

隊長から、救急車で一旦この市の総合病院へ向かい精密検査の後に署に戻るように指示をされた。
緊急では無いので煩いサイレンと回転灯の点灯も無く、俺は落ち着いた気持ちで病院へ乗客としてドライブをする事になった。

治安を取り戻した街並みはいつもの平穏と喧騒を取り戻すだろう。
救急車の担架の上で..俺は眠りに...


俺は再び過去の体験、1993年のモガディシュを夢に見ていた。
あのモガディシュマイルをやらかす羽目になったBlackHawkが墜落した作戦ではなくその1週間ほど前の別の作戦だ。

あの映画のせいでデルタとレンジャーの失態ばかりが強調されてしまったが、全ての作戦が失敗していた訳ではない。
俺達はほぼ毎日のようにソマリアの、いやモガディシュの治安回復の為に様々な作戦を実行していた。

あの『国連職員 救出作戦』もそんな作戦の一つだった...
モガディシュ近郊には国連の救援物資や食料をトラックで各村へ配給する為に物資の備蓄・保管施設として集積拠点が設けられていた。
しかし第2次国連ソマリア活動(UNOSOMII)へアイディード派民兵捕虜が移送された事に端を発し、アイディード派の武装民兵により物資集積所は襲撃を受け、建物は占拠されてしまった。
もちろん物資の集積所は国連平和維持軍のパキスタン兵によって護衛されていたが押し寄せる民兵に排除されてしまった。

国連物資集積所の職員の多くは脱出したが、運悪く逃げ遅れた数名の職員が拉致され人質にされてしまう事態となった。
本来は国連軍の管轄だが急を要する自体の為、我々デルタに出動要請が出た。

作戦はこうだ。
デルタ2とデルタ5の各4名、合計8名のデルタが2機のMH-6リトルバード、ロメオ2とロメオ3に分乗。
アイディード派の民兵に占拠されている国連物資集積所をヘリボーンで強襲。

MH-6リトルバードは我々を降ろした後、ハンビーと5tトラックで構成された地上部隊コンボイのレンジャー42の護衛に回る。

デルタは国連物資集積所に突入。デルタ5がアイディード派民兵の制圧を担当。
デルタ2が人質となっている国連職員を救出する。

我々が国連物資集積所と周辺の地域の安全を確保した時点で地上輸送隊のレンジャー42が物資集積所で我々と合流。人質と共に分乗して脱出する。
悔しいが今回は撤収後は物資集積所の建物をアイディード派民兵達にくれてやるしかない。その後の事はUNOSOMIIの管轄だ。

俺のチームはデルタ5。民兵制圧が任務。3名の部下と共に手早くGearを身に付ける。
星条旗のパッチを付けたPTボディアーマーにマガジンポーチ付きのチェストリグ。
このポーチはM727用に8本の30連マガジンとガバメント用マガジン4本を収納可能。
Y字ハーネスにLC-2ピストルベルト、30連マガジン3個とグレネード2個収納のマガジンポーチを左右に装着。1QT水筒とブットバッグを装備。

レッグホルスターには愛用のガバメントと予備のマガジンを装着する。
後はプロテックヘルメットにボレーのゴーグル。
最新のAimpointをキャリングハンドルに搭載したM727カービン銃で準備完了だ。

駐機場に向かいMH-6リトルバード、ロメオ3の両スキッドへ取り付けられた通称『ベンチ』にチームメンバー3名と共に座る。
もう1機のMH-6、ロメオ2にはデルタ2の4名が搭乗した。

駐機場の管制士官が離陸OKのサイン。
『よし!さっさと行って片付けて来ちまおう』 パイロットが白い歯を見せて頷いてみせる。
漆黒のMH-6リトルバード2機はそれぞれ4名のデルタをベンチに乗せて舞上がった。
基地のゲートをレンジャー42がハンビー2台と5tトラックで出て行く。

目標の国連施設までのフライトは天候も良く快適だ。
これから始まる乱痴気騒ぎが嘘のように思える。

目標到達の直前、基地指令本部のロメオ64から任務内容の最終確認。

『デルタ51へ。国連施設はアイディード派の民兵に占拠されて包囲状態にある。
 建物内には人数不明の国連職員が人質になっている。
 デルタ2とデルタ5は目標施設を制圧。人質を確保しろ。
 周辺の安全が確保出来た時点で撤収の為のコンボイ、レンジャー42が合流する』

『デルタ51了解!』
2機のMH-6リトルバードは目標の国連施設の南側から進入。
先頭はデルタ2が搭乗したロメオ2。我々デルタ5を乗せたロメオ3が後続する。

施設はコの字形の倉庫エリアは平屋。
正面入り口がある事務所部分は三階建てで、屋上には観測塔が設けられている。
施設周囲の道路と塀の周辺、施設の中庭に多数の民兵が視認出来る。

観測塔と倉庫エリアの屋上部分にも民兵の姿が見える。

接近する我々のMH-6の軌道上、南西の道路にRPGの射手が!

M727カービンライフルのAimpointドットサイトの赤い照準を合わせる。

『パパパン!パン!』 『パパパパン!』

高速でMH-6が通過する刹那、RPGの射手ともう一人の民兵が崩れ折れるのを視認する。

『こちらデルタ51!国連施設を視認した。民兵達に周辺も占拠されている!
 ちょっと厄介な事になりそうだ!』


MH-6は右回りで施設周囲を周回体制に入る。
北側の倉庫エリアの1F屋上に2名のRPGの射手!
『RPG!RPG!』 俺と同じMH-6に乗るデルタ52、ヘンリーが絶叫する。

『パパパパパパパパパパパパパパン!』
デルタ2が乗る先頭のMH-6ロメオ2を狙う右のRPG射手へAimpointで狙いを付け、フルオートで牽制射撃。
俺の撃った銃弾は奴の周囲で砂埃を上げるだけで当たらない。
しかし怯んだ射手は狙いを外してRPGをあらぬ方向へ発射。

左側のRPG射手も先頭のMH-6ロメオ2を狙ってRPGを発射するが高速で近距離を飛ぶリトルバードにはそうそう当りはしない..筈だ。

『デルタ51!ロメオ3だ。ちょいと熱くなりそうだな!』
我々を乗せるMH-6ロメオ3のパイロットが平静を装って無線で伝えてくる。
RPGで丸焼きにされたら確かに熱すぎるな。

MH-6は建物周囲を半周。施設の南東の堀の外にもRPGの射手だ!

『パパパパン!』
激しく揺れながら旋回するMH-6からの射撃は訓練を受けていても命中させるのは至難の業。
しかもAimpointを使わず咄嗟射撃だ。
腕半分、運半分でRPGの射手は俺の放った5.56mm弾の連射で崩れ折れる。

『揺れがひど過ぎて当てるのが難しい!ロメオ3。速度を落としてくれ!』

マガジンを交換しつつMH-6のパイロットに機体を安定させるように依頼。

『了解した!RPGの射手は確実に片付けてくれよ!』

速度を落としたMH-6はRPGの射手からも狙いやすい目標となる。
MH-6が速度を落とし、旋回を極力水平に実施するのが体感的に判る。

最初にフライパスした南西の道路上にAK47を持った民兵。
奴にRPGを拾わせる訳には行かない。

『パパパパパパパパン!』 安定した機体からAimpointで狙いを付けフルオート射撃。
5.56mm弾は確実に民兵を撃ち倒す。

南側のRPG射手は最初の南西の道路と南東の角の二人。どちらも倒した。
残るRPGの射手は建物北側の倉庫の屋上の二人だ。
次の半周でケリを付けてやろう。

施設南側の中庭にテクニカル(.50キャリバーを後部に積んだピックアップトラック)
と数名の民兵が見える。

『パパパパン!パンパパパパパパパン!パパパパン!パン!』 『ボゴゥン!!』
テクニカルの車体を狙ってフルオート射撃。当たり所が良かったようだ。
燃料タンクを撃ち抜かれてテクニカルは爆発。民兵も吹き飛ぶ。

マガジンを交換。MH-6は施設を中心に円を描いてゆっくりと南西から距離を詰めつつ北側に廻り込む。
施設の西は正面ゲート。銃を構えた民兵を視認。

『パパパン!パパパン!パパパパン!パンパパン!』
咄嗟射撃からAimpointでの狙撃に切り替えつつフルオート射撃。民兵を撃ち倒す。

MH-6は施設の北西から北東へゆっくりと移動。倉庫の屋上には先程の2名のRPGの射手が次弾を装填して待ち受けている。パイロットはヒヤヒヤもんだろうな。
俺達もだが。

機が安定しているのでAimpointの赤いドットは正確に右のRPG射手を捉えた。
『パパパパン!』 指切りバーストで右のRPGの射手を排除。
そのまま左のRPG射手へサイティング移動。

『パパパン!パン!パパパパパン!』 右のRPG射手も崩れ折れた。

『チュイン!キュイン!』 観測塔の民兵のAK47の弾丸がMH-6の紙のような装甲板を叩く。
観測塔へAimpointの照準を移す。

2名の民兵が観測塔の壁面に半身を隠して射撃して来ている。
観測塔の西側の張り出しにはM60重機関銃!しかし全身を晒すのを恐れて取り付くつもりは無いようだ。
M60で連射を喰らえばMH-6にとって脅威は低命中率のRPGの比じゃない。

連中の気が変わらない内に...

『パパパパン!』 弾切れ!同時に観測塔の左側の民兵が倒れる。

マガジンを交換。機体は施設の北東へ到達しようかという所。再度観測塔をサイティング。

『パパン!パパパパン!』 右側の民兵が俺の掃射を喰らってのけぞって倒れる。

堀の内側。施設北東の地表の角にAK47を持った民兵!

『パパパパパパン!』 Aimpointの照準は正確に奴を捉えた。もんどりうって倒れる民兵。

施設の南東には4名の民兵!堀の外、手前の奴はMH-6のベンチの死角に入って撃てない。
堀の内側の2名の民兵の内、近い方の左側の奴へサイティング。

『パパパパン!』
命中を確認し、南東角の堀の外の民兵へAimpointのドットを重ねる。

『パパパパパパン!』 フルオート射撃で一気に撃ち倒す。

MH-6は施設の南東に到達。施設東の民兵にサイティングを移し..
『パパパン!』外れた!

南西へ移動を継続する為のMH-6の90度旋回で照準がずれた。マガジンを交換。
90度旋回が終わって機が安定した所で...

『パパパパパパン!』 再度Aimpointのドットを重ねフルオート射撃で一気に撃ち倒す。

視界の施設周囲の民兵はほぼ制圧した。
いよいよ降下突入だ。

デルタ2を乗せたMH-6ロメオ2が一足先に高度を下げ、南側から施設の敷地内へ進入降下。
我々のロメオ3もロメオ2から空中接触を避ける為やや西側の距離を取った敷地内に降下
を開始。

『目標施設に付いたぞ!Go!Go!Go!』 着地と同時にデルタ5の3名の部下に突入開始を宣言。
部下3名はマガジンを交換して建物制圧の激戦に備える。
ひどい砂埃だが、ロメオ2からも4名のデルタ2が建物へ駆け出して行くのが判る。
連中の任務は人質が居る建物南西の角部屋の制圧と人質の確保。

我々は施設周囲の残存民兵を排除し建物西側の正面入り口から突入。
建物1Fの敵勢力を一掃するのが任務だ。

デルタ2は建物へ牽制射撃を加えながら目標の部屋へ向かう。
我々も後に続いて周辺を...居た!建物の北西の角からAK47を持った民兵!

『パパパパパン!』 Aimpointの赤いドットは正確に民兵を捉え、フルオートで撃ち倒す。

Aimpointから目を離し周囲を索敵。
デルタ2が人質が居る南西の目標の部屋へ窓から突入して行く。

その遥か向こう。建物外側の南東の角に民兵!
MH-6のベンチの死角で撃ちもらした奴だ。Aimpointで照準。

『パン!』 外れた。奴は半身を建物に隠す。前進して距離を詰め、再びサイティング。

『パパパパン!』 俺の放った5.56mm弾は今度は確実に民兵を撃ち倒した。

視線をデルタ2に戻すと、最後の1名が窓から突入する所。
我々も正面入り口から突入して篭城する民兵を排除するタイミングだ。
建物の南西の角を廻り、建物西側の正面入り口の横に張り付く。

上空を2機のMH-6、ロメオ2とロメオ3が離陸してフライパスして行く。
彼らは地上の輸送部隊、レンジャー42の護衛に廻る。ちょいと寂しいな...

『よし!みんな。一気に制圧するぞ!』 マガジンを交換。
チャンバー内の一発も含めて31発のフルロード状態へ。
前進して正面入り口の窓へ接近。XM-84フラッシュバンを用意して投擲。
『了解。突入する!』
俺に続いてデルタ52もXM-84を投擲する。

『ズバーーン!』 最初のXM84の炸裂を確認して建物の正面入り口へ一気に突入。

『パパパパパパパパパパン!』 『ズバーーン!』 『パパパパパパパパパパン!』

2発目のXM-84の炸裂に構わず中の狼狽した民兵達にM727のフルオート射撃を1マガジン浴びせかける。入り口の部屋の民兵は制圧。
奥と右側に別の小部屋があり、XM-84の炸裂からまぬがれた民兵が動揺しつつも反撃してきた。部屋の壁に身を隠す。

『Go!Go!Go!』
『パパパパパパパパパパン!』
マガジンを交換して部屋の壁から身を乗り出し、奥の部屋の2名の民兵を一気に倒す。
奴らには俺の姿は悪鬼そのものに見えたに違いない。

振り返ると建物入り口の部屋は他のデルタ5のメンバーで制圧済み。
右の小部屋からAK47の銃声が散発的に聞こえる。

『パパパパパパパン!』
右の小部屋が覗ける位置へ横移動。抵抗していた最後の民兵を確認してフルオートで
無力化する。OK。クリアだ。

『こちらデルタ2。人質達は確保した』 『クリア!』 『クリア!』
デルタ2とデルタ5のメンバーが口々に叫ぶ。
だが無事に撤収してレンジャー42と合流するまで気は抜けない。

3Fの観測塔の下の部屋にはまだ多くの民兵が居る筈だ。
こいつらも制圧しないと、観測塔のM60でも使われると厄介だ。

デルタ2は人質を建物東側の裏口から脱出させレンジャー42との合流に備える。
我々デルタ5は建物の掃除だ。裏口への廊下は2Fへの階段にも通じている。

階段の踊り場で上方の民兵が降りて来ないか警戒し、デルタ2と人質が裏口を出るのを援護する。デルタ5の3名の部下も俺に続いて警戒態勢だ。

デルタ2が確保した人質4名を裏口から脱出させるのを確認してから伏兵に警戒しつつ階段を3Fへと登る。
3Fへ着いた。小部屋の奥に、監視塔直下の大部屋がある。
残りの民兵の大半はそこにいる筈だ。

『OK!制圧準備!』 デルタ5のメンバーに宣言。XM-84フラッシュバンを投擲。

『ズバーーン!』 XM-84の炸裂を確認して小部屋に突入。民兵が1名!
『パパパパパン!』 一気に撃ち倒す。大部屋の入り口に進む。
大部屋には8名の民兵。全員XM-84の炸裂でパニック状態だ。

『パパパパパパパパパン!』 『パパパパパパパパパン!』 『パパパパパパパン!』
1マガジンを撃ち切る掃射を民兵達に浴びせ掛ける。

『ズバーーン!』デルタ52が投擲したXM-84の炸裂のタイミングでマガジン交換。

『パパパン!パパパパン!』 『パパパパン!』 『パパパパパパパン!』
倒れずまだ立っている3名の民兵に5.56mm弾を浴びせ掛け、残る民兵を無力化した。

『本部へ。デルタ51だ!観測塔を制圧した!』 無線報告しつつ観測塔への梯子を登る。

『ロメオ3より本部。複数のテクニカルと徒歩の民兵がデルタ51の位置へ移動中』

レンジャー42を護衛するMH-6のロメオ3が我々に接近する民兵勢力を確認したようだ。

『本部よりロメオ3、了解。デルタ51!悪党共が接近中だ。輸送隊のレンジャー42が
 到着するまで連中を食い止めるぞ!』

テクニカルのような車両が入れる道路は建物の西側と南側にしかない。
観測塔のM60が役に立ちそうだ。M60重機関銃のハンドルを掴む。
OK。弾薬は十分だ。
デルタ5の残りのメンバーに観測塔の天井に登らせ、民兵の接近状況を監視しつつM727で射撃させる事にする。

『バヒュン!チュン!』
最初のテクニカルが西北から接近!射撃してきた!
樹木ではっきりとは見えないが、テクニカルからの曳光弾でその位置が判る。

『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 M60重機関銃の頼もしい射線がテクニカルを舐める。
『ズガーーン!』 爆発炎上するテクニカル。

索敵..RPGを持った民兵が西北西から接近!
『ドンドンドンドンドンドン!』 RPGを抱えた民兵はM60で撃ち倒される。

『チュン!バヒュン!』
2台目のテクニカルが南側に現れた!
『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』 爆発するテクニカル。

『RPG!RPG!』デルタ52、ヘンリーがRPGの射手を南西に見つけて絶叫する。
振り返ると西側から2台のテクニカルも接近中!
RPGの射手は有効射の為まだ距離を詰めるつもりのようだ。
先に先頭のテクニカルを片付ける事にする。

『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』 テクニカルは炎上爆発。

M60のアイアンサイトをRPG射手へ移す。
『ドンドンドンドンドンドン!』 民兵はM60の.50弾で文字通り粉砕。

『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』
炎上するテクニカルを避けて接近する2台目のテクニカルを破壊。

『RPG!RPG!』 ヘンリーが別のRPGの射手を再び南西に見つけ絶叫。
同時に民兵のジープも南西に現れた。

『ドンドンドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』 『ドンドンドンドン!』
M60のサイトをジープに合わせトリガを引く。吹き飛ぶジープ。そのままRPGの射手も撃ち倒す。

RPGを持った別の民兵が又西北西から接近!一体何人出てくるんだ!?
『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 民兵は崩れ折れる。

『バヒュン!チュン!』 西に気を取られている間に2台のテクニカルが南と西北から接近して来ていた。
テクニカルの銃座からの弾丸が俺の周辺をかすめる。

より近い南側のテクニカルに照準。
『ドンドンドンドン!』 『ドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』
建物の陰を通るテクニカルをM60の連続射撃で撃破。

『チュン!バヒュン!チュン!』 『畜生撃たれてるぞ!』ヘンリーが叫ぶ。

振り返り、完全に西側まで廻りこんで来たテクニカルに照準を合わせる。
『ドンドンドンドンドンドンドンドン!』 『ズガーーン!』
テクニカルは吹っ飛び前輪のタイヤが宙に舞う。

『本部よりデルタ51へ。良くやった!敵の車両は全部破壊したな!コンボイ42が
 君の位置へ接近中だ』
『デルタ51了解!』

『よし、皆!階下に下りてデルタ2と合流してレンジャー42を待つぞ!』
宣言して観測塔から梯子で降りる。デルタ52の後続を確認して階段を1Fまで降り東側の裏口へ向かう。

裏口ではデルタ2の4名が確保した人質4名と共に待機していた。
レンジャー42の到着が遅れているらしい。
このままでは又民兵が徒歩で接近してくるだろう。周辺を警戒しつつデルタ2と共にレンジャー42を待つ。
非友好的な市民が石を投げてくる。非友好的な市民と民兵を見分けるのは難しいな..

『デルタ51。こちらコンボイ42。我々は施設東のすぐ近くまで来たが道路が狭くてこれ
 以上接近出来ない。我々の位置までそちらから来れるか?』

『了解した。これより移動する以上!』 無理な物は仕方が無い。
事前に十分に詳細な作戦を立てる時間が無かったからな..

だがその時、堀のゲート越しに民兵が施設の東口に迫ってきているのに気付く。
数はそう多くは無さそうだがこちらには確保した人質の安全を守るハンディがある。
油断は出来ない。堀を最大限に利用してゲート周辺で片付けてやろう。

マガジンを交換。後退して最初の民兵にAimpointで照準。
『パパパパパパパパパパパパパパン!』 『ズガーーン!』
民兵を撃ち倒すと共に背後のドラム缶に斉射を浴びせて爆発させる。
数名の民兵が巻き込まれただろう。

ゲートに民兵が一人突入してきた。勇敢だが麻薬でもやっているんだろうな。
『パパパパパパパン!』 フルオートで確実に無力化する。

『悪党共が来るぞ!油断するな!』
チームに宣言してマガジンを交換。新たな民兵の突入に備える。
クリアリングの基本、カッティングパイの基本に従って右にスライド移動。
堀を利用して一度に数名の民兵としか撃ち合わないように位置を取る。

『パパパパパパパン!』 『パパパパパパパン!』
ゲートの陰の2名と、奥の建物の陰の1名の民兵をM727のフルオート射撃で排除。

『パパパパパパパパパパン!』 さらに2名の民兵がゲートに突入してきた。
冷静にAimpointで照準を合わせ撃ち倒す。

カッティングパイで左にスライド移動。又新たな2名の民兵がゲートに突入。
『パパパパパパパパパン!』 もんどりうって倒れる民兵達。

振り返り確保した人質とデルタ2に被害が無い事を確認してそろそろとゲートに接近。
OK。ゲートの外はクリア...いや奥の建物の屋上にRPGの射手!

『パパパパパパパン!』
Aimpointで照準を合わせRPGを持った民兵に5.56mm弾を撃ち込む。民兵は地面に転落。
OK。今度こそゲート周辺はクリアだ。
後はレンジャー42のハンビーと5tトラックが居る位置までの経路の確保だ。
もたもたしてると新手が現れる。

デルタ2に人質を護衛させ移動しながら、デルタ51の俺と52のヘンリーが先行。
53と54がしんがりを守る事にする。
周囲を警戒しながらゲートを出てレンジャー42の位置へ移動を開始。
と、背後のゲート付近で銃声。もう一人民兵が残っていた。

『パパパパン!』 『パパパパン!』 M727の咄嗟射撃で撃ち倒す。マガジンを交換。

石が飛んできた。振り返ると女性の市民が何やら叫びながら石を投げてくる。
非友好的市民って奴だ...その路地の向こうに銃を持った民兵!
『パパパパン!』 『パパパパパパパン!』
民兵は悲鳴を上げて崩れ折れる。

この路地を抜けていくのは思ったより骨が折れそうだ。
さらに非友好的市民がもう2人現れた。
石を投げると我々から逃げるように路地の奥へ走って行く。

地面には先程撃ち倒して屋上から落ちたRPGの射手が倒れている。
デルタ2と人質が追従している事を確認しながら路地を進む。

狭い路地の左に脇道...突き当たりの建物の屋上にRPGを持った民兵!!
『パパパパパパパン!』 訓練の賜物だ。咄嗟にAimpointで照準を合わせフルオート射撃。
民兵はのけぞる様に倒れた。OK。クリアだ。さらに路地を進む。

今度は十字路だ。右側は非友好的な市民が2名..左側は..建物の屋上にRPGの民兵!!
『パパパパパン!』 冷静にAimpointの照準を合わせて撃ち倒す。OK。ここもクリア。

路地の出口の広場に出た。乗用車の残骸や壊れたコンテナが放置されている。
この広場の左の路地を抜ければレンジャー42のコンボイと合流できる。
振り返ってデルタ2と人質の追従を確認...OK。行こう。
広場の左出口手前に路地。クリアだ。

広場の出口に出た。広い道路から我々を見つけた2台のハンビーと5tトラックが接近してくる。
護衛していたロメオ2とロメオ3のMH-6リトルバードが上空をフライパス。

ハンビーがコンボイの後方に向かって射撃している!レンジャーも数名降車して射撃中だ。

民兵の別働隊がコンボイを襲撃してきたらしい!

と、左手の路地の陰からRPGの発射音!MH-6を狙ったようだ。
俯角が大きすぎて命中はしない。
咄嗟に駆け出し左手の路地を見る。RPGを持った民兵!
『パパパパパン!』 Aimpointの照準を合わせフルオートで無力化する。

前進してレンジャー42のコンボイと合流。数名のレンジャーがコンボイの後方で民兵と交戦中だ。
まったく世話の焼ける連中だな。マガジンを交換。コンボイの後方へ走る。

『パパパパパパパン!』 反撃を続ける民兵達を掃射。クリアだ。
振り返り、デルタ52のヘンリーとレンジャー数名と共にコンボイへ戻る。

コンボイ42は丁度デルタ2と確保された人質と合流した所。OK。

『本部よりデルタ51。良くやった!基地に戻れ』
『デルタ51了解』

こうして我々は人質の国連職員を救出。味方の誰一人傷付ける事無く任務を完了した。
非友好的な市民にも怪我はさせていない。

アイディード派の民兵共は我々に脅威を感じただろうとその時の我々は思った。
だがそれは大きな間違いだった。後日のミッション『アイリーン』の大失敗は周知の通りだ...


『イナークさん、起きて下さい。病院に着きましたよ。大丈夫ですか?』
救急車の救命士が俺を起こした。
『ん...ああ夢を見ていたんだ...昔の夢をね..』

担架から体を起こした俺を又あの幻覚が...そうかやっぱりコレか...

                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙

 

 Photo   Delta in Somalia 1993

 Photo   イナークの M727とデルタ装備

 Photo   イナークの M727とデルタ装備その2

 Photo   イナークの M727とM1911

 Photo   M1911その2

 Photo   M1911その3

 Photo   デルタ輸送用のLittleBirdヘリMH-6

 Photo   デルタ輸送用のLittleBirdヘリMH-6

 Photo   レンジャー輸送用のBlackHawk UH-60

 Photo   レンジャー輸送用のBlackHawk UH-60

 Photo   Shootingに使用したTargetPaper

 Photo   Shootingに使用したTargetPaper