Dyson's stories Index page

【ダイソンの妄想経歴】
出生不明。10代の頃より傭兵として各地の戦場を転々とする。時にはゲリラ、時には軍の傭兵部隊…。
徐々に戦果を上げ、2年前に突然引退する頃には着実に死を振り撒く《血濡れの鷹》と呼ばれていた。
当時使用していたコードネームは《ホーク・アイ》。

現在は引退して名を変え、ダウンタウンでガンショップを営みながら暮らしている。
この妄想以後、市警のイリーガルな仕事を請け負う《掃除屋》として暫く活動する。


【リアルダイソンの妄想シュートの流れ】
未投稿


""Sniper of solitude" 

かつて戦場を渡り歩いた傭兵ダイソンは今は引退してガンショップの店主に収まっていた。
そんなダイソンの平穏な引退生活は彼の過去を知る市警のビル捜査官の訪問によって破られる。
彼の依頼とは...


""Hostage Barricade Situation" 

二日間篭城を続けるイーストバンクの銀行強盗。膠着する状況の打開の為、ビル捜査官とビルから依頼を受けたダイソンが動く。
当初の情報を上回る装備でビル捜査官を圧倒しようとする銀行強盗達だったが...


""Wiseman" 

銀行強盗を排除したビル捜査官。しかし容疑者が死亡した為に彼らの違法銃器がどのように入手されたかの情報は得られなかった。
容疑者として疑われたのは意外にもダイソンだった。
ビル捜査官とダイソンは武器密輸組織の情報を求めて謎の情報屋ワイズマンに紹介されたDJの隠れ家を訪れる。


""Mr.DJ" 

ワイズマンからの依頼でダイソンとビル捜査官に情報を売ったDJ。
そんなDJの隠れ家を武器密輸組織の手の者達が襲撃する。
隠れ家に保管した情報を完全に破壊し、愛用のG36Cアサルトライフルを手に侵入者達に立ち向かう。


""Detective Bill" 

DJの隠れ家を訪れた後、ダイソンと別れ市警に戻るビル捜査官。
しかし一人になった彼をDJの隠れ家を襲ったのと同じ組織のヒットマン達が襲撃する。
被弾して負傷しながらも反撃してヒットマンの数を減らすビル。
しかしそんな彼を追い詰めた非情なヒットマンとは...


""Counter Attack " 

銃器の売容疑を掛けられた元傭兵の掃除屋(スイーパー)ダイソン。
銃器密売の犯人の情報を得る為、情報屋DJの隠れ家を訪れたダイソンとビル捜査官。
DJの隠れ家を後にし、ダイソンと別れたビル捜査官を予想外の危機が襲い瀕死の重傷を負う。
リードマン中尉の部隊がビル捜査官を搬送するが果たして彼は助かるのだろうか?
ダイソンとDJは彼らを襲う組織へ反撃に出る。


""The Private Detective" Update!"

元傭兵の銃器販売店店主...そして掃除屋(スイーパー)ダイソン。
腐れ縁の彼の今の相棒、市警のビル捜査官との最初の出会いは最悪だった。
それはある連続殺人事件がきっかけだった。
動機は違えども、犯人の逮捕に二人は協力して捜査に当たる。


"



"



"



"



"

 


"

 


"



"



"



"



"

 




"


 Photo   ダイソンのスナイパーライフル

 Photo   ダイソンのUSPとGlock18

 Photo   ダイソンの護身用デリンジャー

 Photo  ダイソンのM1100

 Photo  ビルのミニガバメント

 Photo   ビルのM19

 Photo  DJのG36C

 Photo  ビルのマスタング

 Photo  ビルのマスタング



無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」